♪CALENDAR♪
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
♪PROFILE♪
♪しげっちHP♪
♪Swing Set! Jazz Orchestra♪

郡山市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪CJC -Club Jazz Club♪

CLUB JAZZ専門のピアノトリオ。
♪jam ru TV♪

CJCのyoutubeチャンネル
♪LINKS♪
♪CATEGORIES♪
♪RECOMMEND♪
Vida(初回生産限定盤)
Vida(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フェスナンド・マウナ,ヴェローゾ,ボブ・ラッセル,ルーラ・ガルヴァン,ヴァンデル・ナシメント,ベルナ・セッパス,マンカス・サン・アモ,カシン
♪RECOMMEND♪
プリーズ・リクエスト
プリーズ・リクエスト (JUGEMレビュー »)
オスカー・ピーターソン・トリオ
♪SELECTED ENTRIES♪
♪RECENT COMMENTS♪
♪ARCHIVES♪
♪MOBILE♪
qrcode
♪SPONSORED LINKS♪
♪OTHERS♪

JAZZ TALK

JAZZ好きピアノ弾き しげっちのブログ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【音楽談】選曲とキャラクター。

こんばんわ。しげっちです。

どーも、お久しぶりです。

 

 

最近ちょっと興味深い話題が出て来てて個人的にマイブーム到来なので、

せっかくだから記事にしとこうかと思いまして・・・。

 

どんな話題かというと・・・

 

【しげっち】×【選曲】=【ブランディング】

 

っていう感じの話題。

 

 

よーするに、

 

しげっちがこの曲を選曲するのってキショイ。

こういうキショイ曲を選曲するしげっちって・・・。
みたいなことです。
■もーすこし詳しく。
僕ね、あと半年で40歳を迎えるわけです。
でね、こないだふとセッションしつつ練習してたときに、
何の曲で練習するか?ってなりまして・・・
何の考えもなく「Candy」って言った時に気づいたんですよ。
しげっちが「Candy」を選曲するのってキショイって…(笑)
■ブランディング
例えばこのCandy、20代くらいの若い人が演奏するのって爽やかでアリ。
60代くらいのプレイヤーさんが演奏するのって、メッセージ性があってなんか深くてカッコいい。
みたいなイメージがありまして。
これから40代を迎えるにあたり、
改めて客観的に自分自身を俯瞰して考えてみると、
選曲を少し考えなきゃなーと感じたわけです。
ちなみに、自分が考えた40代のしげっち像は以下のとおり。
InvitationやOn Green Dolphin Street、夜千やチュニジアの夜など、
ある程度テクニカルでコンテンポラリー要素のあるものを求められる。
明るくポップで可愛い系じゃなくて、
闇属性を含んだ曲の方がキャラには合ってる。
Swingだけじゃなく、LatinやFunkも守備範囲として必要。
こんなもんかな。
いずれにせよ、20代30代でやってきたことやキャラが、
いい加減賞味期限切れ間近となってきてる気がしてまして・・・。
40代からの約20年間は、
テクニカルなものを求められる最も風当たりの厳しい時期になってくるのかなーと真剣に感じました。
選曲次第では本気でキショイおっさんになってしまうことに身の危険を感じております(笑)
■しげっちが選曲したらキショイ曲の一例
あ、ちなみにPianoトリオとかのシチュエーションでの話です。
Candy
星に願いを
All Of Me
Fly me to the moon
It's only paper moon
いつか王子様が
Alice in Wonderland
Over the Rainbow       ...など。
なんとなく想像つくでしょう?(笑)
まぁ、とくにオチはない話なんですけど、
これからそういうとこにも気を配っていかないとなーと思いました(笑)
| 音楽談 | 01:06 | comments(0) | - |
【めずらしく2連投】大人になってからの勉強って楽しい。だからもう1歩・・・

こんばんわ、しげっちです。

 

今日は珍しくブログ2連投で更新です。

(いや、何年ぶりよ?w)

 

 

はい、今日もどーでもいい話題で、オチのない記事になります。

 

 

 

結論から言うとタイトル通り、

 

大人になってからの勉強って楽しい

 

と改めて思ったので改めて書いておこうと思いました。

 

 

 

■勉強って聞くと・・・

 

みなさんは「勉強」って聞くとどんなことをイメージしますか?

 

少なくともいい印象を持ってない人の方が多い事でしょうね。

僕も含めて(笑)

 

今日ここで言う勉強って、みんながイメージするその勉強じゃないです。

 

わかりやすく言うと、

僕の場合音楽を趣味でやってますけど、

その音楽に関する研究とかも含めてます。

 

例えば楽器を弾く練習をすることも、

言い換えたら弾き方の勉強なわけで。

 

 

ただね、それを通り越して、

みんなが思うような勉強でも、

楽しいって思える領域も存在するってことも同時にお伝えしたいなと。

 

あ、記事は短くサラッと書くんで、

あと3分読み進めたら終わります(笑)

 

 

 

■タイトルにあるもう1歩って?

 

はい、もう1歩というのは、

 

せっかく勉強してるんだったら、

それをもっと効率よくマスターしていって、

限界領域を広げていこうぜ!

っていう目線を持って欲しいということです。

 

これは僕がやってる方法をシェアしておきますんで、

参考にしてもらえたらこれ幸い。

 

 

 

 

■自分が楽しいと思えることにしか力は発揮できない。デフォルトで。

 

そう、まずここ。

 

みんなが言う勉強って、やりたくないことをやってるから嫌いなんですよね。

そんなんじゃ力を発揮できないのも当然です。

 

テスト前とか瞬間的になら真剣に打ち込めるけど、

その集中力で一生続けられるか?と言ったら絶対無理・・・。

 

だから、自分が楽しいって思える事を、思いっきりやって欲しいなと思うわけです。

 

音楽でもいいし、料理でもいいし、スポーツでもなんでもいいと思います。

 

 

 

■効率よくマスター?そんな方法あるの?

 

はい、ここは気になるところですよね。

 

これは、ガチの勉強でも趣味のことでもなんでもそうですけど、

もう人生の奥義と言っても過言じゃない方法をシェアします。

 

 

”人に教えること”

 

 

そう、これなんです。

 

 

いかに自分が興味のあるものでも、

やっぱり忘れるものは忘れちゃうんもんなんです。

 

何かの研究で、

1日たったら覚えた事の70%くらいしか、

さらに何日かたったらもう数%しかアタマに残ってないとか言ってました。

 

でも、それを劇的に残す唯一の方法が、

人に教えることなんですって、その研究によると。

 

 

 

■教える相手がいないし、教えれるレベr・・・・・はい、そういうのいらない。

 

言いたい事はわかります。

 

教える相手がいない。

教えられるレベルにない。

教える環境がない。

 

とかそう言うんでしょ?

 

まぁそうでしょうね。

そういうレベルだったら習う方も迷惑でしょうし(笑)

 

でも言いたいのはそこじゃない。

 

 

そこで僕がやってる方法をシェアします。

 

 

あなたの友達に実際に教えるとしたら、何て伝える?

それをイメージしてください。

 

 

要するに僕はエアーで教えてるんです。

 

気持ち悪いでしょ(笑)

 

 

でもこれ、奥義です。

 

めっちゃ理解が深まるし、ほぼ忘れません。まじで。

忘れてしまうのは自分が未熟だからというだけの話です。

 

 

 

■しげっちだって教える相手はいないし教えれるレベr・・・・

 

幸いなことに、僕は音楽の面に関しては、

今になってようやく聞かれればある程度までなら教えてあげられるようになりました。

 

でもそういう環境がなかった頃から、

実はそういうイメージでやってました。

 

さっき言った何かの研究のことは割りと最近知ったんですけど、

僕は音楽という実体験があったので「なるほど!」と思ったわけです。

 

 

ただ昔から、エアーで教えるはやってなくて、

主にブログに書いちゃってました。

 

未熟なころからw

(読者はさぞかしメーワクだっただろうな〜。今もそのブログ、消してねーしw)

 

 

でもね、実際にブログで能書きをたれるとなると、

それなりに真剣に考えて、

どうやったら相手が理解しやすくなるかとかまで考えて書きます。

 

だから1つのことに向かう集中力が桁違い。

 

 

今だったら、

ブログとか文書だけじゃなくて、動画だってあるし、

発信できるインフラも充実してるし、

なんなら視聴者だって昔より多い。

そういう環境を利用したっていいと思う。

 

見られるのが嫌なら、動画を限定公開とか非公開設定にして見せなきゃいい。

でも、教えようとして素材を作ることに意味がある。

 

 

そうやって誰かに教えようとして勉強したものは、忘れないわけです。

 

 

 

■具体的にエアーコーチングを・・・

 

はい、ここで最後。

 

僕がやってる方法をちょっと具体的に書きます。

 

 

1. まず誰に教えるか?考えます。

(実際に教えなくていい、妄想でいいんです。)

 

音楽のことなら音楽仲間をイメージすればいいけど、

音楽意外のことでも音楽仲間とかをイメージすることだってあります。

(↑こんな感じで相手を選んでみてね)

 

2. 実際に教えてみます。

実際に声に出して教えてます。(←要するに独り言)

 

この2STEP。

 

気持ち悪いっしょ?(笑)

 

 

僕はたいがいのことはこうやって勉強してます。

 

 

どんどん理解が深まるし、

理解したものが他の分野のことにも精通してたりすると余計にテンション上がります。

 

そうやって広げたプラス1歩が積み重なって、

あなたが好きでやってることをもっともっと楽しめるようになって行くんです。

 

これが一生できるって考えたらすごい楽しくないですか?

 

 

 

 

 

やべぇ、3分完全に超えてる…

 

 

じゃ、ここで強制終了します。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 20:09 | comments(0) | - |
【近況を…。】久々にブログ更新してみようかと。

みなさんこんばんわ。

しげっちです。

 

久々にブログを更新してみようかとふと思いまして…。

(ていうかPCのキーボードをガチャガチャ叩きたかっただけw)

 

昨年末、振返り記事を書いたんですけど、そこで、

・時間のダイエット

・思考のダイエット

・フィジカルダイエット

というダイエット3本立てをやったっていう話をしたんですよね。

 

 

でね、それから年が明けて8ヶ月。

 

 

いやぁ、ねぇ・・・

 

まぁフィジカルダイエットの話は置いといて・・・

 

 

ムダな時間を使わなくなって済むようになったこと

 

コレの恩恵が大きいことは誰しも想像がつくことでしょう。

 

 

 

それよりも実は恩恵が大きいなと実感しているのは、

 

ムダなことを考えなくて済むようになったこと

 

コレ!

 

 

結論から言いますとね。

 

余計な事を考えなくて済んで、

時間を自由に使えるようになったことで、

自分のやりたいことや進みたい方向に向けて、

自分のバイタリティの全てをそこにつぎ込む事ができるようになったんですよ。

 

で、実際に事態がやっと進み始まったのが6月末頃。

ほんとに微々たる進捗ですけどね。

 

来年で40歳。

人生80年のちょうど折り返し地点なわけで、

人生後半戦はこういうストーリーにしようっていう脚本があるわけです、僕の中に。

 

その脚本には今までと全く違うしげっちを描いたのですが、

最終章ですべての伏線が回収されていくという・・・。

 

そもそもそうやって動かそうとしているものが大き過ぎて、

微々たる動きしかまだ確認出来ない感じです。

 

めっちゃ重くて長〜い棒の端っこを持って、

ぐぅぅぅーーーーっと狙った方向に振り回そうとしてるようなイメージです。

 

 

その原動力になっているのが、

・ムダな時間を一切過ごさない

・ムダな思考を一切しない

この2点なんですわ。

 

 

↑↑これができないことで悩んでる人ってすごい多いな〜と最近つくづく実感してます。

 

 

というのはね、僕のとこに人生相談的な話を持って来る人がたまにおりまして。

 

そういう人たちの話を聞いてると、

・やりたいことがある or やりたいことが見つからない

・でも少なくとも今の人生に満足してない

・やりたくないことだけはハッキリしてる

 

この3つがだいたい共通してるんですよね。

 

で、だいたいそういう時に話す事ってパターンが決まってて。

 

 

まず、あーした方がいい、こーした方がいいは言わないんです。

言っても意味ないから。

言って変わるくらいだったらそもそも僕んとこになんて相談に来る前に変わってますしね(笑)

 

で、その人がやりたいことについてだけ話す。

 

これだけなんです。

 

 

 

(話がフワフワしてきちゃったな(笑))

 

 

 

これ、なんでかっていうと、

悩んでる時点で、相談に来てる時点で、

その人はそのことを本心ではやりたいんですよね。

 

なのになんで悩んでるか?

 

・やる時間がないから

・余計な事ばっかり考えてるから

 

この2つに集約されてるなーと実感したっていう話です。

 

大概その人がやりたいことをできない理由って、

 

仕事が…

時間が…

周りの人間が…

お金が…

 

だいたいこうなんですよね。

 

そう、どっからテコ入れしていいかわかんないし、

1個テコ入れしちゃうと全てのバランス取れなくなるし…っていうわけ。

 

 

今の現状が嫌なのに、

今の現状を無意識に死守しているというこの矛盾。

 

 

ぶっちゃけ僕なんかより現状を変えられる可能性が高い人たちばかりなのに…。

(まぁこういうのって人と比べるものじゃないからねw)

 

 

この悪循環を生み出してるのが、

・やりたくないことに時間を使ってるから

・余計なことを考えてばっかりで動かないから

なんですよね。

 

 

だから、その人に1個ずつ極論をぶつけていく。

 

仕事辞めたらそれできんじゃない?

時間作ったらそれできんじゃない?

周りの邪魔な人間と縁を切ったらそれできんじゃない?

お金を稼いだらそれできんじゃない?

 

それが出来た方がその人は幸せなのに、

それを止めにかかってくる人って本当に必要な人なの?

 

 

こうやって極論を話していくと、

なんていうか、コップの底に溜まったヘドロが溶け出して一旦濁る。

 

でも、おかげで流れ出してきれいな透明の水で一杯になる。

 

余計なこと考えないで済むようになるし、

行動が変わらなくても過ごす時間の意味のベクトルが逆向きになる。

 

すると自然とその人に合った整理整頓が気づいたら完了してて前進しているっていう。

 

話した後、だいたい数ヶ月後、そんな近況報告が僕の基に届く。

僕も話してよかったなーと思う。

 

 

 

 

話逸れちゃったけど、、、

 

 

これって僕がやった実体験。

 

 

さっき事態が変わって来たって言ったけど、

そうなって実感してることがありまして。

 

例えば、

最近自分がいいな〜って思う芸能人が、

世間一般に嫌われる芸能人ばっかりだったり。

世間一般に馬鹿にされたりなめられてる芸能人ばっかりだったり。

 

あるニュースに対する意見が、

周りの人と真逆だったり。

 

こういうことが起きるようになったのって、

普段から世間一般と違う目線で見てるからなんだろうな〜って。

 

 

 

話をまとめると、

こういう考え方ができないことの一番の原因て、

 

周りの人が誰もやってないから

 

みたいなことなんです。

 

 

 

えっと、だからなに?っていう感じの記事でオチはないんですけどw

 

 

ただの殴り書きで読みにくい記事で申し訳ないんですけど、

今日はそんなかんじです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 02:02 | comments(0) | - |
GWだし、久々に雑談しよう。マンガの話でも。

こんにちわ。

しげっちです。

 

今年のGWはみなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日は久々に雑談てことで、

たまにはマンガの話でもしようかと。

 

 

あ、そうそう、ここではあんまり話さないんですけど、

昔からマンガが大好きなんですよ。

 

■W少年ジャンプにちょっとした変化が。

 

僕はジャンプは紙面で勝って読む派。

長年買って読んできましたが、

今年のジャンプはちょっと変わってました。

 

【通例A】

GWとか正月とか、こういう長期休暇の前の週って必ず合併号なんですよね。

だから、長期休暇中はジャンプは基本お休みなんです。

 

【通例B】

基本的に毎週月曜日が発売日。

月曜日が祝日の場合は、前の週の金曜日に繰り上げ発売されるんですよね。

 

 

この通例ABは全国の少年はよく知ってるルール。

でもね、今年はなんと、5/2(水)に新刊が発売されてたんです。

 

先週金曜にコンビニに並んでなかったので、

「あ、先週は合併号か・・・」

て思ってたんですけど、2日にたまたまコンビニで発見して「あれ?」って。

 

 

■これって?

これも1つの「時代」ってことなんだろうな〜と思いました。

 

僕なりの考察だと、ブラウジングデバイスの発達が最大の論点かなと。

 

普通は本で買って読むわけですが、

印刷工場がGW絡みで稼働していないわけですから、それも。

 

 

こうした背景があることに対し、

世間は長期連休でじっくり読む時間もチャンスもあるわけですから。

 

 

それもあるから今回のこの動きは単純に、

需要が上がるところでどのくらいの収益性が見込めるか?の実験も兼ねてるんだろうなと。

 

で特に、紙面での売上じゃなくて、

ジャンプ+(タブレットやWebで読める電子媒体ね)でのチャンス。

 

 

■電子媒体

お出かけしても、スマホ、タブレットがあれば読めるわけで。

 

家族でお出かけ。

子供は渋滞中の車中で読めるからおとなしくなるし、

乗車率200%の電車の中で立っていても読める。

 

逆に言うと、キヨスクとか高速のSAとかでは、

紙面で最新刊が置いてあればヒマつぶしに紙面買う人もいるでしょう。

 

 

そもそも連休中にわざわざ…って人も中にはいるかもしれないですけどね。

 

 

 

■ワンピースに大きな動きが出たね。

 

以下ネタバレなんで、読んでない人は見ない事。

 

 

言ったからね。

 

 

 

 

 

ルフィの懸賞金が15億になりましたね。

 

公式に発表されてる額じゃ今回のが最高額でしたね。

(四皇とかは発表されてないから。)

 

サンジが3億超えて、いよいよって感じになってきたね。

 

 

ネット上じゃパワーインフレについて否定的な意見が多いみたいだけど、

僕個人としてはアリだと思ってます。

 

ドラゴンボールの戦闘力もそうでしたしね。

 

 

 

ルフィって、

・ドラゴンの息子

・エニエスロビー、インペルダウンを落とした

・エースと義兄弟

・最悪の世代

・頂上決戦でも大暴れ

・天竜人をぶっとばした

 

そもそもこれだけでも相当な感じですけどね。

今回、ビッグマムの縄張りを荒らして生還してることや、

10億、8億の部下を倒してること。

革命軍No.2サボとも義兄弟。

 

ここらへんが加わっての15億は妥当な気がしなくもないですね。

 

報じられた新聞には、

太陽の海賊団、ファイアタンク海賊団とかを瞬時に仲間に引き入れ、

瞬時に統率したうえで完ぺきな作戦を考えつく頭脳

とかもその要因とされていたようですね。

 

 

 

■懸賞金は政府への「危険度」

 

何かとワンピースのパワーインフレは話題になってますけど、

必ずしも強さと直結はしていないんですよね。

 

あくまで政府への「危険度」ってことになってます。

強さも危険度の一面として扱われていますが。

 

 

でね、個人的に言いたい事が。。。

 

 

ロビンの懸賞金って低くない?って。

 

 

政府への危険度って意味なら、

そもそもポーネグリフを解読できることって、

ある意味四皇の存在より危険度は大きいのでは?と。

 

ルフィの所業もわかるんですけど、

作中で最大の謎とされる「空白の100年」。

これがある意味「旅の目的」とされているわけですが、

ロビンがいないと、ラフテルへ着いても解明出来ないままになってしまう可能性もあるくらい。

(ストーリーがそもそもってなっちゃう)

 

いくらくらいが妥当?って言われるとなんとも言えないけど、

麦わらの一味の中でルフィに並んで高額でもおかしくない気がしてます。

 

 

 

 

 

 

 

さて、他にも色々書こうと思ったけど、

細かく書くのめんどくさいしこのネタ飽きてきたんで、

今日はこんなもんで。

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 03:33 | comments(0) | - |
弾き心地 と 聴き心地

弾き心地 と 聴き心地

 

 

今日はバンドマンあるある。

弾き心地と聴き心地について。

 

あなたがバンド活動経験者なら何となく察しがつくトピックかと思います。

 

ただ、今日言いたいことは、少し論点が違うかも?

 

 

■論点

スタジオで音合わせしてるときと、

それを録音した音源を聴いたときの違い

 

これです。

 

 

一般的な「弾いてて楽しい」「聴いてて楽しい」とはちと違うのでご注意。

 

 

 

■実体験

最近とあるバンドでスタ練をしまして、

その時アレンジが上手いことまとまり切らなかった感じで次回持ち越しになったんですよ。

 

弾いててもバンドでなんとなくギアが噛み合ってないような感じがして。

 

でもね、それを録音した音源を後日聴いてみたら、

なんかいい感じにまとまって聴こえるんですよね。

 

こういう経験てありません?

 

 

 

それで、結果としていいアレンジになっていた、と自分の中で結論づけたわけですが…。

 

言いたかったのは、

この「後から聴いた感覚」を現場でその場で実感できないものかと…。

できれば音合わせしてる最中から。

 

 

■スタジオの配置とレコーダーを置いてた場所

そのスタジオ内ってとにかく音のバランスが取りにくい場所でね。

キーボーが弾いてる場所は全ての楽器のダイレクト音が聴き取りにくい配置なんですわ。

 

それに対してレコーダーはリスニングポイントに置いてるから、

バランスはいいわけですよ。

 

このへんも原因の1つだったんだろうな〜と。

 

 

■オレのアンサンブルを聴き取る能力の低さ

ま、最大の原因はコレだろうね。

 

そーいえばこれってどうやって鍛えるんだろう?

とにかくそういうことを意識しまくることでしか鍛える方法はなさそうだけど(笑)

 

 

■生演奏に映える弾き方とレコーディングに映える弾き方(アレンジ)

これはね、実在するんですよ。

 

レコーディングに映える弾き方ってのは実際にあって。

悪い方に言い換えると、

生演奏では使えないネタとでも言ったらいいのかな?

 

音源育ち・コピー育ちの演奏家は大抵このレコーディング用アレンジを引き出しに入れてたりするから、

生演奏の現場で「そりゃないっしょ(笑)」っていう弾き方をバンバン出して来たりする(笑)

 

あ、先述のウチのバンドはそんなことやんないっすよ?(笑)

 

 

まぁ悪口はこのへんにしといて(笑)

 

逆に、生演奏で活きる弾き方・アレンジにもっと磨きをかけていきたいと思う。

 

 

そういう意味で、今回の実体験はすごくいいサンプルなわけですよ。

録れた音源の方じゃなくて、現場で音合わせしてた時の記憶の方ね。

 

 

 

 

そんなわけで今回の実体験、

これまでに他の現場でも何度も経験して来てることでもあるから、

(オレの学習能力の低さは置いといて)

いい加減、何か突破口を見つけたいと思ったわけです。

 

 

今日はここでおしまい。

 

 

 

 

 

| 音楽談 | 19:35 | comments(0) | - |
HPリニューアル活動に伴い・・・言いたいこと。

HPリニューアル活動に伴い・・・言いたいこと。

 

 

こんばんわ。

しげっちです。

 

先ほど、Swing Set! Jazz OrchestraのHPのリニューアルが無事完了しました。

 

設置から約12年、デザインの改変についてはひたすらほったらかしにしてきたので、

さすがに設計の古さが目立って野暮ったくなったので、

今回フルモデルチェンジに至りました。

 

論点がずれるのでここでは詳しくは掘り下げませんがザックリ言うと、

  • 僕はあくまでWeb作成に関してはド素人であること
  • 今回、レスポンシブデザインを採用したリニューアルであったこと
  • 年末から2月末までの2ヶ月間で、総工数450時間オーバーの作成活動であったこと

この3点が活動のフォーカスポイントであり、

本日お話したいことに直結する要約であるわけです。

 

詳しいことはSS!JOブログの【編集後記】を参照下さい。

https://swingset-jo.tumblr.com/post/171383019836/%E7%B7%A8%E9%9B%86%E5%BE%8C%E8%A8%98hp%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AB

 

それでですね、言いたいことを下記にザクザクっと書きますね。

 

 

■450時間 やり続けるマインド

例えば、小さい子供が、明日遠足で興奮して眠れないでいる。

 

なんていう状態をイメージしてみて下さい。

これはオトナも子供も関係ないんです。

 

子供の遠足の話は一夜限りの話ですが、

こんな状態が2ヶ月間続く、という生活をイメージできますか?

もしくは、そんな経験はありますか?

 

こういう経験、以外とあるっていう人、多いと思うんですよ。

ただし、若い頃の思い出に限り・・・。

オトナになってからはほとんどなくなってませんか?

 

 

僕は現在38歳ですが、

この年でもこういう状態(フロー状態とでも言いましょうか)ってあるんですよ。

 

僕も一般の社会人ですから、2ヶ月で450時間て、あくまで仕事以外の時間での話です。

 

簡単に言うと、2ヶ月で450時間残業していると思ってもらえれば。

平日5時間程度の残業だけじゃこの時間にはなりませんし、

休日も含めて起きてる時間の全部を使って初めてこの時間に達します。

 

で、時間をかけたことなんて別にどうでもいいし、エラいことでも何でも無いんです。

 

言いたいのは、そういう時間をどうやって過ごしたか?活動を続けたか?です。

 

 

 

■息を吸うように

 

そう、簡単に言うと、2ヶ月間、あなたが呼吸した時間は何時間ですか?

と聞いたら、2ヶ月間丸々ですよね?

 

仕事してる間も、食事の間も、風呂も、寝てる間も全部。

 

今回の活動は、そういう感覚です。

 

別に嫌々やってるわけじゃないし、

それなりに息切れしたり興奮したりはありました。

 

平日は夜7時位から毎晩2時か3時まで。

休日は朝7時から深夜2時くらいまで。

これを2ヶ月やれば簡単に450時間は超えます(笑)

 

これを可能にしたのは、

息を吸うように活動したということ。

 

意識なんてしなくても体が勝手にやってくれている状態。

生命活動。

 

そんなフロー状態です。

(僕のSwing Set!に対する思い入れを差引いて・・・ね)

 

■ワクワク

冒頭にも書いたように、僕はド素人。

Webデザイン用のCSSやJava Scriptなんて全く知らない。

 

でも、それを解読しながら使い方を覚え、

一気にこのHPを作成しました。

 

解読して勉強してソースコードを自分の好きなデザインにするため応用し、Webデザインを進めて行く。

 

この行為を、本当に息を吸うように進めて行くのです。

 

平日に、前日3時に寝た翌日の朝、夢うつつな中でとあるアイディアが閃くと、

飛び起きて2分後にはPCと向き合っている。

出勤時間ギリギリまで閃いたアイディアを具現化している。

 

とにかくそんな生活を、心踊るように、子供が遠足にでも行く日のように2ヶ月間をすごしたわけです。

 

 

■できないと思わないマインド

 

何度も言いますが僕はド素人。

今回のHP作成の難易度って、プロのWebデザイナーさんからしたら、そんなに難しいことじゃないんですよ。きっと。

 

でもね。

 

難易度なんて関係ないんです。

 

大事なのは、「できない」なんて微塵も思っていないこと。

作成中、「できない」なんてことは、本当に1秒も考えませんでしたね。無我夢中すぎて。

 

 

■息を吸うように、と、モチベーションを超えた領域

 

朝起きて、「よし、今日は息を吸うぞ!」なんて考える人はいませんよね?

起きた瞬間にもう呼吸は始まってるし(笑)

 

そう、本当に、息を吸うように活動したということが大事なポイント。

 

 

こういう話をしていると、

「そのモチベーションてどっから来るの?」なんていう質問が来そうですが…。

 

 

そこで1つ、いい話をシェアします。

 

例えば、あなたが言葉も全く通じない外国へ1人で旅行に行って、

旅先で全ての荷物を盗まれてしまったとしましょう。

 

もしそうなっても、

現地の言葉を必死に聞き取り、理解しようとし、

なんとか関係各所とコミュニケーションを取り、

あなたは日本に帰ってくるでしょう。

 

その間、「帰れない」とか「言葉がわからない」なんておそらく微塵も思っていません。きっと。

 

むしろ「モチベーション」なんて言ってられないわけです。

 

そんなことどうでもよくて、まるで息を吸うように、日本へ帰るための行動を取りますよね。

必要だということが腑に落ちているから、

モチベーションを高める以前に行動が始まるわけです。

 

必要なことだからね。

 

 

こう考えるとモチベーションて、

そもそもやりたくないことを我慢して実行する行動力

もしくは必要のないものを一生懸命行動できる忍耐力

 

と言ったところでしょうか?

 

 

 

■まとめ

 

そんなわけで、

もしあなたが何か行動に移せないことがあるのなら、

そもそもやりたくないことか、必要のないものである可能性は高いと思います。

 

逆に、必要だということが腑に落ちれば、

今回のような行動力を無尽蔵に産み出せるようになるわけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 02:32 | comments(0) | - |
ダイエット結果が公式記録で出た!

どーもぉ、しげっちです。

 

 

ダイエット結果が公式記録として出ました!

 

 

 

 

もう昨日の話なんですが、

会社の健康診断だったんですね。

 

前回受診したのは2017年1月だったので、

ちょうど1年後になります。

 

 

結果は、こう↓↓

 

2017年1月

体重 69.3kg

ウエスト 89.7cm

 

2018年1月

体重 62.3kg

ウエスト 80.5cm

 

 

 

 

先日の記事で、1年間かけて3つのダイエットをしてきたって書きましたが、

フィジカルダイエットはこうして数値化できるのでわかりやすくていいですよね。

 

 

その記事を読んで頂くとよくわかるのですが、

これ、1年かけて痩せたものではありません。

 

昨年11月上旬でウエストは87cmあったんです。

 

最後の2ヶ月で-7cm。

 

 

 

年末年始で下げ止まった感じですが、立派な記録だと思います。

 

ちょっと嬉しかったのは、

計測をやってくれた看護師さん?

(血圧・聴覚・視力・身長・体重・腹囲と同じ担当者が付き添いで計測するシステム)

 

体重測り終わって「えっ・・・?62.3kg・・・で間違ってない・・・ですよね?」って言ってもう1回測り直し。

 

からの〜

 

腹囲測って、「えっ・・・?あのぉ〜、この1年で痩せました?」

って言われたこの看護師さんのリアクション。

 

問診票には隣の欄に昨年の記録が印字されてますからね。

 

これは嬉しかった。

 

 

えっと、今日はこんな話。

特にオチがなくてすいません(笑)

 

 

 

さて、ちょっと余談を書いて今日は終わりにしますね。

 

 

ダイエットと聞くと、

特に女性に多いのですが、

「何キロ痩せたか?」

「今体重何キロか?」

ていうところにフォーカスしますよね?

 

人の好みの問題なのでとやかく言いませんが、

僕自身は体重はもう数年間測っていません。

 

というのは、

体重なんて何キロだってかまわないからです。

 

僕、身長が166cmなんですけど、

2mの人が-5kg痩せるのと、

150cmの人が-5kg痩せるのとでは、

全然意味が違うのは一目瞭然。

 

筋肉質かぽっちゃり系かでも意味が全然違います。

 

目的はシェイプアップなので、

仮に10kg痩せてもウエストが+-0cmだったら痩せた意味が無い、という考え方です。

 

 

なので、本気でシェイプアップを実行し始めた11月上旬からはウエストの記録はつけていますが、

体重は一切測っておらんのです。

 

問診票に書き込まれた昨年の記録を見て、今回のを見て、

初めて自分の体重を知って、初めて7kg減だったことを知ったくらいでした(笑)

 

今回のダイエットをした方法についてはまた機会があったら、

書く気があったら書きますが、

上記のような「一般常識」を全て疑うところから始まってるわけです。

 

 

 

というわけで、

健康診断結果が出て来るのは今月末か来月上旬くらいだと思いますが、

ウエスト、体重以外は全然ダメダメな気がしてます(笑)

 

 

んじゃまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 12:56 | comments(0) | - |
今年1年やってきたものって…

今年1年やってきたものって…

 

 

こんにちわ。

しげっちです。

 

なんやかんやいって2017年もあと1週間で終わろうとしてるんですよね。

 

 

去年の12月24日のことがすごく色濃く記憶に残ってまして、

友達のliveを観に行って、終了後にその友達と打ち上げで飲んだ記憶があるんですよね。

 

でね、今年も12月になってその友達とお互いのlive情報を交換してたら、

「!!?…あれからもう1年!?」

てなって…。

 

 

 

 

 

そこで気づいたんです。

 

 

今年1年分の記憶が無いことに(笑)

 

 

ん?

記憶の量が1年分に足りてない…て感じか。

 

 

 

 

それで、前置き長くなりましたが、

記憶が少ないので今年1年間の取り組みをササッとまとめても短く終われるんで、

今日はそんなお話。

 

 

やってきたこと。

 

 

テーマ「ダイエット」

 

  1. 時間のダイエット
  2. 思考のダイエット
  3. フィジカルのダイエット

 

 

■1. 時間のダイエット

一言で言うと、音楽に使う時間を減らすこと。

 

具体的にはlive本数を減らすことが最も効果的だと気付いた。

 

live1本受けるだけで、スケジュール調整、耳コピ、譜面描き、アレンジ、リハ…

時間のロスが多すぎるからねぇ…。

 

申し訳ない気持ちも当然あったんですよ。

ただ、"僕なりの基準"やる/やらないのフィルタをかけさせて頂きまして、

自分を律し、心を鬼にして強めのラインを引かせてもらうことにしたわけです。

 

上期はクライアントとのバトル中心(笑)

下期になって大幅な時間の余裕が生まれ、その時間を活かすことに成功したわけです。

 

少し前に記事にした「Xデー」なんかがまさにターニングポイント。

 

 

 

 

 

■2. 思考のダイエット

これは一言で言うと、余計なことを考える時間を減らすことに成功したってことかな。

 

1. 時間のダイエットの副産物で、

ストレスフルなことを考える時間が減った見返りに、

脳内メモリに大きなスペースが空いた。

 

これが今年1番の収穫。

 

お陰様で「進化」に必要な要素を塾考できたこと、深く感謝いたします。

 

実際に行動にも移れたことにも深く感謝いたします。

 

 

 

 

 

■3. フィジカルのダイエット

これはみんなが言う、俗にいうダイエットです。

 

これは年初からずっと思っていたことですが、

(毎年「今年は痩せるぞ〜」ってね(笑))

企画・構想は10月中旬から。

 

キッカケは、Swing Set!衣装のベストが入らないことに気づいて…

なんとその衣装のサイトも閉鎖してしまい、リサイズ購入不可に(笑)

 

 

期日までに減量に成功しないとリングに上がれなボクサーの画が浮かび、

「ん?まてよ?ボクサーの減量を取り入れたらイケんじゃね?」って。

 

で、まずメンタルを正しまして(←実はダイエットにおいてコレが一番大事、と思う。)

整ったのが11月4日とか5日あたり。

 

具体的な減量開始。

 

第1次目標だった12月16日までにウエスト-7cmを達成したわけです。

 

これはそのまま今も継続していて、

第2次目標を再セットアップして進んでます。

 

 

 

 

■■■まとめ■■■

 

というわけで、今年の取り組みをまとめてみたら、

こんなにキレイに因数分解できたわけです(笑)

 

しかもね、この3つがバラバラに動いてたわけじゃなくて、

実は3つが三位一体になって連動している感じってとこが特筆すべき点。

 

 

行動は1→2→3の順番でスタートしたわけですが、

思考回路内では3→2→1の順で欲してました。

 

 

たぶん、3つの内1つでもスタートしなかったら、

どれも始まらなかったと思う。

 

 

 

 

■■■余談■■■

 

さっき「進化」っていう言葉を使いました。

 

最初に行動した時間を空けるための決断本当に苦しかった。苦しんだ。

でも、おかげで残りの2つは全く苦しいことなく成果を手にできているんです。

 

ボクサーの減量的生活も全く苦しくありません。

 

 

 

僕の尊敬する、ある学者さんが言ってました。

 

「進化」「適正化」は違うって。

 

例えばスマホが出来て便利になったことは「適正化」なんだそうです。

つまり、今まですでにできていたことが、やりやすくなっただけだから。

 

もしこれを「進化」と呼んでしまったら、

太古の昔、魚は「陸に上がろう」なんて考えなかったはずだと。

 

 

この言葉を聞いたのが今年の4月頃だったかな。

 

「"変化の質"にフォーカスする」という考え方を与えてもらえたことに、

深く感謝することをここに記しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 11:32 | comments(0) | - |
音楽でないハマるものが見つかって…

音楽以外にハマるものが見つかって…

 

 

こんばんわ。

しげっちです。

 

今日はちょっとわかりにくいテーマですが、

わかる人ぞわかるお話です。

(ちょっと長くなりますがご勘弁をm(_ _)m)

 

 

 

さて、

 

「セルフイメージ」

 

 

この言葉、わかりますか?

 

具体的な解説は長くなるんでここでは割愛しますが…

 

 

 

セルフイメージが変わるって、すごいですね。

 

(これもまだ具体的には言えませんが…すいません)

音楽以外にハマるものが見つかりまして。

 

 

ここからは複数のストーリーが同時に進みますので、

多角的にお話しします。

 

 

■1. 見つけたいもの

きっとこれが答えだったんだろうというもの。

今回音楽以外に見つけたものです。

 

仮にここではひとつなぎの大秘宝:ワンピースとしておきましょうw

 

先に進むために、ここ数年ずっと調べて検討検証してたものでした。

 

それが8月のとある日(以後Xデーとします)

具体的にどうやって進むか?その道筋が見えました。

何をすべきか、ToDoレベルで閃きました。

 

閉ざされた道かもしれないと思っていたものでしたが、突如として、

「あ、おれ、それやってもいいんだ。」

って思えました。

 

本当に嬉しかった。

そんなXデーでした。

 

 

■2. つながったもの

実はそのワンピースに気付いた時、

「幼少の頃に感じていた違和感」というところまで走馬灯のように記憶をさかのぼり、

その違和感の答えがそのワンピースと連動していたことがわかりました。

 

幼稚園、小学生、中学生、高校、大学、社会人と、

どのステップにさしかかってもずっと消えずにいた違和感。

 

それが次々と見えていくんです。

 

僕の足りないアタマじゃ追いつかないくらいの速度で、

膨大な記憶とワンピースとの連結作業、整理整頓作業、因数分解作業が、

自動運転モードで始まりました。

 

どれを思い出しても、方程式のように解に辿り着くんです。

PCのソフトをインストール中にメーターが溜まってくときのようなイメージですw

 

そういう意味でも嬉しかったXデー。

 

 

■3. 2つの悩み

実は、8月の半ば過ぎ頃まで、ここ数年間とある悩みを2つ抱えておりまして。

 

その悩みというのが、

いっそのこと目を背けてしまいたい、

忘れ去ってしまいたい、ものだったんです。

 

でも、2つとも音楽に関係してくるものだったので避けるに避けられず、

どうしても活動についてまわるものでした。

 

スピリチュアルとかに詳しい人なら余計にわかるハナシだと思うんですが、

先に進みたいのに、ことごとくその2つの事象が思考回路を止めてネガティブ方向に差し向けてくるんですよね。

 

 

それがまるでTVのチャンネルを変えたかのように、

エクソシストに悪魔払いでもしてもらったかのように、

記憶喪失だった人が全部思い出したかのように、

 

「バチン!」とスイッチが切り替わって、

悩みが悩みじゃなくなったんです。

 

今までの同じ条件下で、びっくりするほど負担を感じなかったんです。

 

ワンピースと連動するものというよりは、副作用的な感じでした。

それが実際に確認できたのが

(上の例で言う、悪魔がもういないことが確認できたのが)

Xデーより数日後のことでした。


 

■4. 集まってくる情報

こういうことが起きると、

先に進むために必要な情報が信じられない位の速度で集まってきます。

 

引寄せの法則 でしょうねぇ?コレ。

 

これもまた集まる情報量が膨大すぎて、

またもや僕のオツムじゃ処理が追いつかない程なんですが、

今は吸収フェーズですから。

 

 

 

■5. 必然的に起きる原因不明な体調の変化

Xデーを境に、

僕の脳内で膨大な情報処理がされていたんでしょう。

 

PCで例えるなら、

毎日24時間、CPU100%で稼働すること約10日間。

 

毎日毎日、ひたすらに眠い。

毎日毎日、ひたすらに背中が重い。

なのに活動が止まらない感じ。

 

生活リズムも狂いまくり。

20時間連続睡眠を取ったかと思えば、

今度は20時間フル稼働。

 

最近徐々に落ち着いて来ました。

 

この原因も自分なりに理解してます。

風邪とかじゃないんです。

 

 

 

■6. 突如として始まる習慣

Xデーから数日後のこと(Yデーとします。)

 

必要とされる情報がある程度固まり、

それらがリンクされていくのを感じました。

 

それがYデー。

朝4:00に突然目が覚め、

突如ワンピース活動が始まりました。

 

具体的には早朝から夜中まで、

空いた時間は一心不乱にそのワンピース研究活動です。

 

初日から「習慣」として始まったような感覚です。

昨日まで何もやってなかったのに突然。

 

情報も勝手に集まって来て、

情報不足で行き詰まるなんてこともなく。

 

 

毎日毎日嬉しくて楽しくて、限界までワンピース活動してます。

 

 

 

 

■7. セルフイメージ

冒頭にハナシを戻します。

 

Xデーを境に、切り替わったのはゴール地点のセルフイメージ。

Yデーにスタートしたのは、スタート地点のセルフイメージ。

 

ゴールから見たセルフイメージと、

スタート地点のセルフイメージが、

1つの道筋を通って開通した感じです。

 

 

 

花がまだ芽の段階から、

最後はどんな花を咲かすのかが分かっている前提で成長していくように、

ゴール地点のセルフイメージに一直線に、一心不乱に、進んでいます。

 

しかも、「頑張る」とか「努力する」とか、そういうことではないんです。

 

息を吸うように、ワンピースを辿って進むことが僕の生命活動であることを感じます。

 

誰かを憎んだり恨んだり嫉妬したりといった、

いわゆるブラックエンジンのトルクのかかり方ではなく…ホワイトエンジン。

 

ドラクエで1度エンディングまでやりこんで、

2周目をやっているかのように、

冒険の序盤だからなかなか成果にはならないけど、

先がわかっていて冒険を進めているような感じ。

 

 

それでもチョイチョイと、強烈なホメオスタシス機能に遭遇します。

でも全部真正面突破w

 

だって他に進み方がわからないからw

 

 

■8. 思い出した感情

これは完全に引寄せの法則が発動した結果だと思います。

 

つい今朝のこと。

 

すでに習慣化しているワンピース活動の最中、

ふと気になったとある動画をクリックしました。

 

その動画は、とあるマインドセットを謳ったセミナー動画だったんですが、

そこに平均寿命のハナシが出てくるんです。

 

23.9歳という、昭和20年代の日本の平均寿命のハナシ。

 

あと1年か2年しか生きられない

じゃあその残った時間、どうやって生きよう?

 

実は僕が音楽とともに人生を歩むことになったキッカケというのが、

こんな風に「死」を覚悟したことだったんです。

(詳しくは割愛)

 

20歳の僕は本気で残された人生のことを考えました。

 

そして、音楽を始める前から見ていた「夢」である、

「音楽」という道を選び、

死ぬ一瞬まで、寿命のすべてを音楽に捧げる覚悟を決めた瞬間の感情を思い出しました。

(このハナシはこのブログのどこかに書いた気がしますが、近いうちに改めて書いてみようと思います)

(これも完全に引寄せの法則が発動したハナシです)

 

結果として僕は今も生き残ってるわけですが…w

 

 

大のオトナが朝から大号泣ですよwww

 

23.9歳までしか生きられない人の気持ちがすごくわかったから。体験談だし。

 

 

それを今朝、このタイミングで思い出したということも、

完全に僕の人生に伏線が貼られた感じなんでしょうね、きっと。

 

ほんと、ただただ感謝、でした。

 

この伏線も回収されるのはレッドラインか新世界に着く頃なんだろうな〜と、

変な意味で楽しみにしています。

 

 

 

 

■9. 爆弾発言

正直なハナシ。

 

音楽活動も、今の僕にはある程度邪魔な存在になってます。

別に音楽が嫌いってことはありませんが、

モチベーションも湧かないし興味もない感じになってるし、

何より今の活動の現状に飽きたし呆れてるし…。

(一部を除いて、ね。)

 

このワンピース活動へのハマり方を見ていると、

一旦活動休止するか、

そのまま辞めちゃうか、

とりあえず続けてる体(てい)にしといて活動しないか、

というくらいの選択肢になってます。

(3番目の選択肢が一番よくない感じがしてますが)

 

グランドラインの最初の道選びのような感じですね。

 

長い目で見て、

本当の意味で音楽活動に没頭するのは、

まだ少し先のハナシ…だと思います。

 

レッドラインに着いたら。

新世界に入ったら、本当の意味でラフテルへ向かうんでしょうね。

 

昔、ゲームばっかりやってたのにアッサリとミニ四駆に没頭した頃を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

さて、長文すいません。

あと、One Pieceの例え話ばかりですいません。

 

でも、運命とか宿命的なものを感じてます。

 

 

物凄い強烈な波動で生きている自分を感じます。

 

スコトーマが外れて、物凄い自由奔放で破天荒で楽天的な思考で活動している自分を感じます。

 

 

 

ただの近況報告なのでなんのオチもありませんが、

これを読んでいるあなたにも、

そのくらい強いエネルギーで動けるものが見つかって欲しいなと思いつつ…

 

 

 

 

 

 

 

| 雑談 | 23:50 | comments(0) | - |
実家へ帰省してきてますが・・・

実家へ帰省してきてますが…

 

 

せっかくのお盆休みなのに、なんかずっとこんな天気ですね。

 

やりたいこともあったのに全然できなかった…

 

 

盆休みも今日で終わりですよ。

 

 

 

ただ1つだけ…

 

昔から、大雨の日に家の中にいて、外を見てるのがなんか好きなんだよな〜。

 

てなわけで、それを楽しむことにしてます。

 

 

 

 

 

| 雑談 | 08:49 | comments(0) | - |