♪CALENDAR♪
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
♪PROFILE♪
♪しげっちHP♪
♪CJC- CLUB JAZZ CLUB♪

CLUB JAZZ専門のピアノトリオ。
♪Swing Set! Jazz Orchestra♪

郡山市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪いわきジャズオーケストラ♪

いわき市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪凛音 『特別な風景』♪

シンガーソングライター・凛音さんのアルバム。
CJC+朔羽でRec参加してます。
♪LINKS♪
♪CATEGORIES♪
♪RECOMMEND♪
Vida(初回生産限定盤)
Vida(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フェスナンド・マウナ,ヴェローゾ,ボブ・ラッセル,ルーラ・ガルヴァン,ヴァンデル・ナシメント,ベルナ・セッパス,マンカス・サン・アモ,カシン
♪RECOMMEND♪
プリーズ・リクエスト
プリーズ・リクエスト (JUGEMレビュー »)
オスカー・ピーターソン・トリオ
♪SELECTED ENTRIES♪
♪RECENT COMMENTS♪
♪ARCHIVES♪
♪MOBILE♪
qrcode
♪SPONSORED LINKS♪
♪OTHERS♪

JAZZ TALK

JAZZ好きピアノ弾き しげっちのブログ♪
<< ジャンルにこだわるか? | main | 帰郷 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
正解/不正解と判断する? or 好みと判断する?
うーん、これは賛否両論になる話題だろうな〜。
あくまで僕個人としての意見ですんで。


Jazzのステージにおける、エンターテイメントの重要性について。

結論から言うと、僕は、
めっちゃいい演奏ができて50点/エンターテイメント性を充実させて50点
併せて100点という配点でいつもLiveを考えています。


Rockの世界なんかでは、エンターテイメントの側面は少なからず重要な要素として無視されることはない気がしますが、
JAZZの世界では、重要視する派/しない派に完全に分かれちゃってる気がします。
しかも、しない派が圧倒的多数という図式で。

これがね、僕の目線から見ると、
「そんなくだらねーことどーでもいいじゃん。そんなことよりもっと練習しなよ。」
と言われてるように見えるんですよね。(被害妄想?)

もすこし角度を変えて言うと、
演奏に得手不得手があるように、エンターテイメント的な演出の方が得手不得手の落差は大きい、とも言えるかと。
MCで(笑)を取るのが大切、って言ってるわけじゃないんです。
「お客さんに楽しんでもらいたい」っていう志があるかないか?が大切だと言いたいんです。
それって確実に演奏やステージングに出て、僕らが思ってる以上にお客さんに伝わってるんですよね。


JAZZってマイナー中のマイナー音楽な上にリズムも難しいし、複雑な理論武装も必要だし。
JAZZプレイヤーが人生のほとんどを捧げて身につけた技術・知識・経験を総動員しながら、
その演奏の9割は即興でこなすわけですしね。
ストイックに音楽と向き合ってくる多くのJAZZプレイヤーは、エンターテイメントの要素など考えずに育ってしまうんでしょう。

その結果、JAZZのLiveを見ていると、
何やら難しい数式やら学術論文やらの発表会を見に来ているような気分になることが多いわけです。

演奏は確かに達人級に上手い。
でもね、、、つまんないんですよ。はっきり言って。
いくらJAZZ好きな僕でも眠くて眠くてしょーがない、っていうことがよくあるんです。プロのLiveでもね。


こういう場面に遭遇するとよく思うことがあります。
それは、聞きに来ている僕以外のお客さんは楽しめてるのかな?ということ。
演奏しない人やJAZZは初めて、っていう人も中にはいるでしょう。
そういう人に、専門(それもそうとう深く掘り下げてる演奏者)の人でさえついていけないような難しい理論に固められた論文の発表会を見せて、JAZZを楽しんでもらいたいっていう考えはないのかな?と思ってしまうんです。
あれじゃかえってJAZZに興味を持ち始めたばかりのお客さんは二度と寄ってこなくなる一方なんじゃ?なんて。

と、ここまで散々なこと書いてきましたが、
逆にそういうプレイヤーさんがJAZZを守っている、とも言えるわけです。
少なくともお客さんはお笑いのLiveを見に来ているわけでもないからです。

いくらエンターテイメント面が優れていても、演奏がヘタクソでは本末転倒。
エンターテイメント重視派を名乗る僕でさえも、楽しい雰囲気の中でヘタな演奏を見せてくれたプロLiveには腹が立った経験もあります。


だからこそ、どっちが正解/不正解とも言えないわけですが、かといって「好み」と一言で片付けるのもどうかと思うんです。


まとめると、両方とも中途半端なことしかできない自分は、JAZZ屋としての株価は低いわけですが(笑)
ただね、バランスは大切だと思うんです。


プレイヤーさんのスタイルやキャラにもよると思いますけど、
配点は自由でもどちらかに10:0っていうのはよくないかな、と思いますし、
なにより、プレイヤーさんが思っているほど理論的な部分は伝わってないと思います。
(少なくとも地方のアマチュアJAZZシーンではそう思います。)

そういうJAZZが抱える問題点を解消して、いいとこをお客さんに上手く伝えることを考えてかないと、と思います。
単純に地味な音楽に成り下がってしまうことと、セレブな音楽とされることとが紙一重なわけですから。

 
| 音楽談 | 22:57 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |
別に職業あんだから、自分のやりたい音と自分の伝えたい音楽を発信出来れば、合格点じゃない?
そこにスキルが伴うか…が問題(笑)
| 1623 | 2014/08/11 9:35 PM |
1623> ごめん、職業のくだりの意味がよくわかんなかったけど…
まぁ、どれが正解ってのもないからね。自己採点の世界だし。
ただ大事なのは、演奏者本人が「お客さんに楽しんでもらいたい」って思って演奏するか、「俺の好きなもんやるから聞いてって、楽しいかどうかわかんないけど…」って思って演奏するか…これ、自己採点でどっちに合格点つけるか?この差は大きいよね。
| しげっち | 2014/08/12 10:54 AM |
コメントする