♪CALENDAR♪
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
♪PROFILE♪
♪しげっちHP♪
♪CJC- CLUB JAZZ CLUB♪

CLUB JAZZ専門のピアノトリオ。
♪Swing Set! Jazz Orchestra♪

郡山市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪いわきジャズオーケストラ♪

いわき市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪凛音 『特別な風景』♪

シンガーソングライター・凛音さんのアルバム。
CJC+朔羽でRec参加してます。
♪LINKS♪
♪CATEGORIES♪
♪RECOMMEND♪
Vida(初回生産限定盤)
Vida(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フェスナンド・マウナ,ヴェローゾ,ボブ・ラッセル,ルーラ・ガルヴァン,ヴァンデル・ナシメント,ベルナ・セッパス,マンカス・サン・アモ,カシン
♪RECOMMEND♪
プリーズ・リクエスト
プリーズ・リクエスト (JUGEMレビュー »)
オスカー・ピーターソン・トリオ
♪SELECTED ENTRIES♪
♪RECENT COMMENTS♪
♪ARCHIVES♪
♪MOBILE♪
qrcode
♪SPONSORED LINKS♪
♪OTHERS♪

JAZZ TALK

JAZZ好きピアノ弾き しげっちのブログ♪
<< Facebookとの連携を解除しました。。。「気楽」っていいな。 | main | 実家の周りを散歩してみました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
音楽活動をする意味ーーー「好き」と「得意」
お久しぶりです。
世間はGWですね。

僕も実家に帰って来ています。


さて、今日はちょっとストイックな話をしようと思います。


ここ数年(特にここ数ヶ月)、音楽活動をする意味について考えていました。

なぜ音楽活動をしているのか?
なぜ楽しいと思うのですか?
どんなところが楽しいと思うのですか?
なぜ腕を磨いてるんですか?
なぜ理論を勉強しているんですか?
なぜその音楽(ジャンルやスタイル)なんですか?


(↑↑えっと、あまりネガティブに捉えないで下さいね)
こんなことを自問自答していました。



最近のこの自問自答で気付いたことがあります。

タイトルにも入れましたが、
a) 好きだから弾く
b) 得意だから弾く
は違いますよね。

b)得意 は、あくまで誰かとの比較の上に成り立っている。
つまり他人軸が根底にあるんですよね。
その奥底には、
人に認めてもらいたい
認められなきゃいけない
上手くなきゃ認めてもらえない
認めてもらえなきゃ居場所がなくなっちゃう
だから上手くなるために腕を磨くんだ


こんな心理があるように思います。

a)好き は、人がどう思うとかどう評価されるとか関係ないんです。

自分しかない、本人軸が根底。
認めてもらうとか関係ない
上手いとか下手とか関係ない
お客さんが多いとか、ステージ規模がどうとか関係ない


好きだったら、1人でも勝手にやってるんだろうなと。

少なくとも僕は、
好きだからこそ、ド田舎の実家で仲間もいなかったのに1人で楽器を弾いていたんだと思う。
誰かに習ったわけでもないし、コンクールがどうとかそういう目標を持ったこともない。
なのにいつの間にか弾き始まったのは、好きだからやっていたんだと思う。


なんでそう思ったか?
(↑本日最重要ポイント)

中学の時におもむろにピアノを始めました。
当時流行ってたドラクエやFFのBGMを中心に弾いてました。
これがクラスメートがすげぇ盛り上がるんですよね。
みんなゲームやってる奴らばっかりだったから。
当然女子には全っ然ウケませんでしたよ?(笑)
(女子のことは意識はしてましたよ?中学男子ですから(笑))

だから、下手でもかまわなかった。
その曲が、そのゲームのシーンが伝われば。


話を戻しますと、、、

好きだから弾くということと、
得意だから弾いているということ、

この2つのどっちが正解なんてことは言いません。

そんなのその人の価値観ですからね。

ただ、自分に関して言うと、
ピアノが好きだから弾いている
これは間違いない感覚なんだけど、

人に認められたくて弾いている
これはどうも違うな〜と思います。


でも、その奥底にあったものはもっと違っていたんです。

順序も付けて考えを整理するとこうです。


人が喜んでくれりゃ、
ピアノでもピアノじゃなくてもかまわない


ピアノは好きだし、
自分が人をいちばん喜ばせられるのがピアノだからピアノを弾く


これです。

その確たる証拠がここ数年の変化の中にありました。

それは、
・自分以外に上手いピアニストがいる空間でも平気
・ピアノを弾いてなくても喜んでくれれば万事OK
 (だからMCやエンタメ要素が好きなんですね)


この2点、昔は真逆でした。

こう思うようになってからというもの、
気持ち的には、
37歳にしてすでに「隠居生活」だし、「余生」だし(笑)

終活的な意味じゃなくて、
モヤモヤしていた視界が一気に開けた感じです。

ただむしろ、
言い方は悪いけど、
ピアノや音楽は、僕に取ってはツールの1つ、コミュニケーション手段の1つに過ぎないということなんですね。

きっと自分が音楽を続けながらモヤモヤと感じてたところはここです。


また別の機会があったらそのへんを書こうと思いますけど、
今日はここまで。



 
| 音楽談 | 11:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - |
コメントする