♪CALENDAR♪
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
♪PROFILE♪
♪しげっちHP♪
♪CJC- CLUB JAZZ CLUB♪

CLUB JAZZ専門のピアノトリオ。
♪Swing Set! Jazz Orchestra♪

郡山市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪いわきジャズオーケストラ♪

いわき市を中心に活動するJAZZオーケストラ。
♪凛音 『特別な風景』♪

シンガーソングライター・凛音さんのアルバム。
CJC+朔羽でRec参加してます。
♪LINKS♪
♪CATEGORIES♪
♪RECOMMEND♪
Vida(初回生産限定盤)
Vida(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フェスナンド・マウナ,ヴェローゾ,ボブ・ラッセル,ルーラ・ガルヴァン,ヴァンデル・ナシメント,ベルナ・セッパス,マンカス・サン・アモ,カシン
♪RECOMMEND♪
プリーズ・リクエスト
プリーズ・リクエスト (JUGEMレビュー »)
オスカー・ピーターソン・トリオ
♪SELECTED ENTRIES♪
♪RECENT COMMENTS♪
♪ARCHIVES♪
♪MOBILE♪
qrcode
♪SPONSORED LINKS♪
♪OTHERS♪

JAZZ TALK

JAZZ好きピアノ弾き しげっちのブログ♪
<< 気分転換と暇つぶしと切り替え | main | 女子にモテようと思って音楽を始めた人へ >>
20年以上 勘違いしてきたこと
えっと、今日書く記事は、賛否両論です。

一概には言えない内容ですので、不快に感じる方もいるかもしれませんが、

何卒ご容赦ください。








Q) 僕はなぜJAZZという音楽を選んだのか?





もちろんJAZZは好きです。大好きです。

でもそれは後天的な根拠でして、

最初からJAZZが好きで演奏活動を始めたわけではありませんでした。







ではなぜ?













それは、即興演奏に興味を持ったからです。(ベタな理由ですね・・・)













BSでJAZZのセッションの特集を観て、

中学の学園祭で先生のJAZZバンドのピアニストがA4譜面1枚でひたすら演奏しているのを見て、

映画『Back to the Future』を観て、 、、





これら3つをほぼ同時期に体験し、

それが即興演奏だと気づき、

即興演奏ができれば、いつでも・だれとでも・どこででも・なんでも、

万能な演奏ができる!






一生遊べる演奏ができる!





そんな風に思ったんです。







中学生でしたからね。

「一生モノ」っていう側面を感じたのも即興演奏が初めてだったというのもあって、

そりゃ心躍りました。







ほかのどこかの記事でも言ってますが、

Back to the Futureを観て、それは「Rock」だと勘違いし、数年間遠回りしましたが(笑)





今日言いたい”勘違い”はそのことではありません。

長くなるんで話を戻しますが、ちゃんとJAZZだって気づきましたよ。







でね、今日の本題にも関わる方の”勘違い”についてです。











どんなものかっていうと・・・







 即興演奏習得(1)

=JAZZ修行が有効(2)

=万能選手になれる(3)

=JAZZ奏者は万能(4)






というこの方程式。







個人的には割りとハズレの内容ではないかな、とは思っていましたが、

どうも3.4は暴言というか乱暴な論だったな〜と。





で、特に4。

これが今日言いたかった”勘違い”です。








(はい、以下不快部分登場します。m(_ _)mご了承ください)







最近感じていることが、

意外とJAZZ屋さんてのは万能ではない、ということです。





あの、僕はその中でも万能です、って言いたいわけじゃありません!

誤解なきよう。





自分なりにJAZZでの修行を散々やってきて、

イコール、万能選手度も同時に高まっていることなんだ、と思ってきたわけです。





そもそもこれが勘違いでした。





最近POPSをはじめとして、

歌謡曲、演歌、ハワイアンなども演奏する機会が増えました。





確かにJAZZ修行をしてきた恩恵は大きくて、

それぞれの楽曲、そのバンドさん、そのジャンルの音楽への順応速度は速いほうだと実感できました。

これは成功の側面。







そう、確かに曲への順応速度は速いんですが、

相手が「人」や「音楽」となると、

自分の演奏がなじむというか溶け込むにはどうしたって時間はかかるんだな〜って。









友人のJAZZプレイヤー(パート不問で)数人にこのへんのことをヒアリングしてみたら、

思いのほか「POPSとかは苦手」「JAZZ以外はダメ」という意見が多かったのにはびっくりでした。







僕の中では、

JAZZが弾ける人は、その即興技術を適用させればPOPSとかもだいたいできるから、

「好み」を除外すればみんな演奏できるもんだと思っていたんです。





でも実際はそうでもない。





僕自身も、他の音楽に手を出したとき、

それなりに苦労はしましたが、

JAZZ万能論はさすがに過大評価だったな〜と。





中学生のころからの話なので、

だいぶ長いこと勘違いしてきたな〜と。





ただしJAZZ修行は、つぶしが利くスタイルの確立には効果絶大だというのは今でも変わりません。







今日はそんなお話でした。











【補足】

天才の気持ちは僕にはわかりませんが、

一般的にJAZZでもPOPSでもなんでもイケルクチの人って、

それなりに手広くいろんなものと向き合って経験積んできた結果なんだろうな〜、、、



と、僕の憧れである「万能選手スタイル」を実際に表現している方を、

改めて尊敬するいい機会となったことは言うまでもありません。
 
| 音楽談 | 19:17 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:17 | - | - |
あるあるですねw
なんか、言ってることすごーくわかる気がします(^-^)/
| erijo | 2016/05/26 5:59 PM |
えりちゃん>

SNSとの連携解除したのに読んでくれてるんだね。ありがとう。なんかすごく嬉しい(^^)

その反面、ヤバイこと書けないと思ったわ(笑)


もう何年も前の話だけど、Popsとかってやってみると結構難しいよね。ナメてたな〜と(笑)
あと、JAZZスタンダードとかって相当馴染みやすく作られてるんだな〜とも思ったわ。
| しげっち | 2016/05/26 6:24 PM |
コメントする